調剤薬局がお届けする消化器に関する情報サイト

消化器内科に関する情報サイト

消化器内科には、腹痛、吐血、下血、だるさ、食欲不振、貧血、やせ、黄疸など幅広い症状の方が受診しています。 消化器内科の病気だと思っていない人でも、身体の調子が悪いな、と思って内科を受診する人の半数以上が、自覚はないものの、消化器の病気であることが多いといわれています。また、日本人のがんの約60%は消化器のがんであり、早期であれば外科手術をせずに内科的な治療で治せることが多いです。


光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

消化器領域には様々ながんが発生しますが、内視鏡検査などで多くは早期発見可能です。

 

消化器内科を受診する人の大半は腹痛で受診する場合が多く、腹痛の原因となる疾患としては、胃や大腸の癌、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆石、膵炎、腸炎、過敏性腸症候群などがあります。胃や大腸のポリープ・早期癌はその多くは腹痛の原因にはなりませんが、内視鏡検査を受けることによって発見されます。病気は早く見つけて早く治療を始めることが大切ですが、胃や大腸の癌やポリープは早期に発見されれば内視鏡的治療だけで済み、早期発見効果の高い疾患と言うことができます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

消化器内科の主な疾患には、食道胃逆流症(逆流性食道炎)、食道癌、食道静脈瘤、消化性潰瘍(胃十二指腸潰瘍)、胃癌、炎症性腸疾患、虚血性腸炎、食道アカラシア、胆石症、胆道系腫瘍、膵腫瘍などがあります。

 

調剤薬局