調剤薬局がお届けする消化器に関する情報サイト

医学部へ行こう

国公立大学 医学部医学科入試の全体的な傾向は、2次試験の配点割合が8割〜5割と高く、2次試験科目も3〜4教科(3〜5科目)と多くなっています。合格するためにはセンター試験で約9割以上得点した上で、問題のレベルが高い2次試験でもそれなりの得点を取らないといけません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

一般的に難易度が高い大学ほど2次試験の配点と2次試験の科目が多くなっています。その他の大学の医学部医学科の多くは、地方の国公立大学医学部医学科で、難易度がやや低くなります。1次試験の配点割合が高く(8割〜5割)、2次試験の配点と科目が少なくなる傾向があるため、これらの大学は1次試験のセンター試験で高得点をとることと、2次試験は出来るだけ自分の得意な科目で受験できるところを選ぶことが重要です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

私立大学 医学部医学科入試の全体的な傾向は、一般入試では1次試験で学力試験、2次試験で面接と小論文などの適性評価・人物評価が行われる場合がほとんどです。私立大学の医学部の1次試験は、ほとんどが英・数・理2科目です。しかし、大学入学後はほとんどが理科に関する学問を学ぶことになるので、2科目必須になっているのは当然ともいえます。私立大学医学部の入試の出題形式の傾向は記述重視か、選択式重視かの2つに大きく分けられます。全体的に入学難易度が高い大学ほど記述重視の傾向が強く、入学難易度が低くなると選択式重視になります。

 

薬剤師 求人